このページの本文へ移動

ボランティア活動の性格(ボランティアってなんだろう?)

ボランティア活動は何も大げさなことではありません。
ごく身近に、人の数だけ、人の個性や特技の種類だけボランティアは存在します。
ここでまず、ボランティアの持つ魅力を探ってみましょう!

ボランティア活動の本質は「自発性・自主性」にあると言われています。では、この「自発性・自主性」というのはいったい何か?実のところ、「思い」であり、「やる気」なのです。それは郷土への愛着であったり、社会のさまざまな問題を見て、じっとしていられない、あるいは、共感や怒り、寂しさや虚しさを解消したいという気持ちであったりします。

ボランティア活動の性格のもう一つの柱が「社会性」です。これは、自発的に行われた活動が世の中の役に立つことでなければいけないということです。ですから自分の行いや活動が社会のためになっているかどうかを判断する力も必要となります。「自発性・自主性」が活動の推進力なら「社会性」はその方向を決める舵のようなものかも知れません。

いずれにしても、ボランティア活動の醍醐味の一つは、体験の中で学び、問題を発見し、新たな実践へつなげていく、その過程と繰り返しの中で様々な喜びや感動に出会えることだと思います。

ボランティア活動の魅力

詳しくは・・・クリックしてみてね!

自発性・自主性 社会性 無償性 創造性・開拓性・先駆性

赤い羽根共同募金ロゴ
本サイトは赤い羽根共同募金の配分金によって製作されています。