あいさつ

松山市社会福祉協議会ホームページをご覧いただきありがとうございます。
松山市社会福祉協議会では、松山市の地域福祉計画と一体となった「このまちのえがおプラン」を策定し、「みんなが つながる 支える まちづくり」を基本理念に掲げ、松山市や医療分野をはじめとする関係機関・団体、民間企業等との連携・協働を図りつつ、地域福祉活動の要である地区社協・地区民協活動の支援に努めるとともに、地域の社会資源を有効に活用しながら、高齢者や障がい者等要援護者の支援体制の更なる充実に努めます。
また、平成30年7月豪雨災害をはじめとする近年の大規模な自然災害を踏まえ「災害ボランティアセンター」の速やかな設置に向けた活動資機材の整備や災害について共に考える機会をつくるなど、本会の特性である公平性・中立性・民間性を最大限に活かしながら、社会福祉協議会の理解者拡大と使命である地域福祉の一層の充実を図って参ります。

村上会長
会長  村上 博

目標1 支えあいの心を育む

みんながつながり支えあえるまちづくりを進めるには、住民一人ひとりが自分たちの暮らす地域に関心を持ち、愛着を育みながら、子どもからお年寄りまで世代や背景の異なるすべての住民が、“身近な気になる存在”として互いに意識し合うことが大切です。
そのために、住民一人ひとりが地域や福祉に関心をもち、支えあいと助けあいの気持ちを高めていけるよう、地域福祉について理解を深めるための気づきと学びの場づくりに取り組みます。

目標2 みんなが参加できる環境づくり

みんながつながり支えあえるまちづくりを進めるには、「支え手」「受け手」という関係を超え、すべての人が生きがいを持って地域の活動に参加することが大切です。
そのために、人と人、人と地域資源が出会い・つながり合い、誰もが気軽に参加・活躍できる機会やしくみをつくるとともに、より多くの住民が主体的・積極的に役割を果たすことのできる環境づくりに取り組みます。

目標3 丸ごと支援のしくみづくり

みんながつながり支えあえるまちづくりを進めるには、年齢や障がいの有無、また、制度や分野にとらわれることなく、個人や世帯が抱える困りごとを地域ぐるみで発見し、丸ごと受け止めて解決していくことが大切です。
そのために、住民や地域の多様な主体が互いの生活課題や地域の福祉課題に気づき、共有する機会をつくるとともに、住民及び世帯が課題に直面したときには、地域住民による支えあいと公的な支援体制が連動しながら解決を図るしくみづくりに取り組みます。

目標4 福祉サービスの健全な発達と適切な利用促進

みんながつながり支えあえるまちづくりを進めるには、福祉課題やライフスタイルに合わせ、必要な福祉サービスを上手に利用しながら住み慣れた地域での生活を継続させることが大切です。
そのために、住民が福祉サービスについて正しく理解し、必要なときに必要なサービスの情報を得て、適切に利用できるよう住民ニーズの把握と情報発信を行います。また、サービスの提供者が、地域社会の一員として、積極的に地域づくりに参加できるよう環境整備に努めるとともに生活課題・福祉課題の解決に向けたサービスの質の向上に取り組みます。

このホームページは、より多くの皆さまに福祉情報を提供し、皆さまの福祉向上に役立てていただくことを目的として作成いたしました。これからも松山市社会福祉協議会に対し、皆さまのご理解とご協力をお願いいたします。


ここからフッターナビ
本サイトは赤い羽根共同募金の配分金によって製作されています。